忍者ブログ

避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン

低用量避妊薬であるヤスミンの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

ピルにはどのような副作用があるのか?

低用量ピルは、中・高用量ピルに比べてホルモン量が抑えられ、副作用もきわめて少なくなっています。しかし、薬である以上、なんらかの副作用が起きる危険性を否定することはできません。確実な避妊が期待できることは確実ですが、女性たちは、副作用の可能性をふまえて、どのような避妊法を選択するかを考えるべきだと思います。

一般によく起こる副作用は、悪心、乳房が張る、頭痛、体重増加、不正性器出血、気分の変化などマイナートラブルと呼ばれる症状です。これらの症状は、ホルモン環境の変化によって起こる一時的なもので、ピルを飲み始めて二圭二周期で消失することがほとんどです。もし症状が続く場合には、医師に相談して他のピルに変更するなどの対処が必要になります。

国内で実施された低用量ピルの長期投与臨床試験の結果によれば、「悪心・嘔吐」(1.2~29.2%)、「乳房緊満感」(0.1~20.0%)、「頭痛・偏頭痛」(3.4~15.7%)、「乳房痛」(1.0~12.3%)などの副作用が、報告されています。

日本では、体重増加を気にする女性が多いのですが、長期投与臨床試験の結果では、おおむね24周期での実際の体重増加は、多い場合でも2キロ程度。これは、ピルに含まれる「エストロゲッ」や「プロゲストーゲン」には、水分や脂肪を蓄えたり、タンパク質を合成する作用などがあるためと考えられます。

しかし、24周期、つまり2年間ピルを服用したことを考慮すれば、自然に増加した範囲ともいえます。また、一方でピルを飲み始めたことで、妊娠への不安から解放されたこともあって、食欲が高まり、その結果として太ったという女性もいるのではないでしょうか。

欧米などでの経験では、マイナートラブルが原因で、ピルの服用を中断してしまう女性がいるといいます。

外国での調査において、自分の判断でピルの服用を中断した理由として多かったのは、「体重増加」(11.4%)や「悪心」(10.2%)でした。その他は、「頭痛」(6.4%)、「不正出血」(6.0%)、「血栓・心疾患」(3.2%)、「高血圧」(1.2%)の順になっています。

こうした女性たちの中には、あらかじめ副作用について十分な説明を受けていなかったために、不安になって服用を中断したというケースがあるのではないかと考えます。マイナートラブルの多くは2~3周期飲み続けることで消失したり、ピルの種類を変えることで解消する場合も多いのです。避妊指導の際には、いかなる避妊法についても、副作用についてきめ細やか情報を提供することが必要であり、服用を開始した女性がピルを継続的にしようできるかどうかは、処方する医師に大きな責任が課せられているといえます。


ヤスミン

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR




















Copyright ©  -- 避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング