忍者ブログ

避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン

低用量避妊薬であるヤスミンの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

経口避妊薬・ピルとは?

 経口避妊薬、いわゆるピルは、1960年に、米国食品医薬品局(FDA)が初めて承認して以来、世界の女性に広く使用されてきた避妊法です。ピルというと本来、「丸薬」を意味しますが、今では「経口避妊薬=ピル」というほどに、一般によく知られています。

 もともと女性の卵巣から分泌されている二種類の女性ホルモン、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを化学的に合成した薬がピルです。ピルに含まれる二つの成分は、合成卵胞ホルモンが「エストロゲン」、合成黄体ホルモンが「プロゲストーゲン」と呼ばれています。

 開発の初期には「エストロゲン」のみ、「プロゲストーゲン」のみで作られた経口避妊薬もありました。しかし、単独の成分だけでは避妊効果が不確実であったり、ホルモン量が多く副作用も大きいなどの問題かあり、使用されなくなりました。

 ピルの歴史は副作用研究の歴史といわれています。胃腸障害、血栓塞栓症、発がん性などとの関連から「エストロゲン」の量を、心筋梗塞、脂質代謝異常、体重増加との関連から「プロゲストーゲン」の量を減少させてきました。40年近くをかけた研究の積み重ねによって、徐々に含有ホルモン量を減らすことに成功し、現在では、「エストロゲン」と「プロゲストーゲン」を混合した、ホルモン量の少ない、確実に避妊できる低用量ピルが開発されています。

 低用量ピルとは、ピルの成分の一つであるエチニルエスとフジオール (「エストロゲン」の一種)一錠中の量が、0,05ミリグラム未満のものを指します。日本で実際に承認された低用量ヒルは、エチニルエストーフジオールが0,03~0.04ミリグラム程度と、さらに低い数値となっています。ちなみに、中用量ピルは、エチニルエスとフジオールが0.05ミリグラム、それより多いものは高用量ピルといわれます。

 低用量ピルには、一周期を通してホルモン量が変わらない「一相性ピル」と、ホルモン量が二段階や三段階に変わる「段階型ピル」とがあります。

 また、ピルは1日1錠を21日間服用し、7日休薬することを繰り返していきます(これを21日型と呼びます)。休薬期間にホルモン剤を含まないプラセボ(=偽薬)を飲むことで、ピルの飲み忘れを防ぐタイプ(28日型)もあります。「今日は、休薬期間の何日目かな?」と迷うことがなくなるのです。

 休薬申にはピルの血中ホルモン濃度が低下して、月経のような出血(消退出血)が起こります。このようにでピルを服用すると、おおむね28日の”月経周期″が作られることになります。そして、正確に服用すれば、ほぼ100%の避妊が可能です。

 99年に発表された国際連合からの資料によれば、世界でピルを使用している女性は8000万人近く。世界の避妊法としては、女性不妊手術(卵管結さつ術)、IUDに次いで三番目に多く使用されています。


ヤスミン

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR




















Copyright ©  -- 避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング