忍者ブログ

避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン

低用量避妊薬であるヤスミンの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

避妊ピルの嬉しい副効果

 ピルは薬剤ですから、副作用がないといったら嘘になります。しかし、最近では、ピル服用に伴うプラスの効果、「副効果」も注目されていることをご存知でしょうか。このような言い方をすると、そうやって問題をはぐらかして、女性たちを混乱させるな」と反論されそうですが、事実、欧米では、その「副効果」に対する期待でピルを服用する女性さえいるのです。

 ピルが望まない妊娠を回避する大きな役割を果たしていることはいうまでもありません。それ以外の効果として、月経周期の調節がしやすいことや、以下の病気の発症リスクの減少があげられます。

 ピルを服用していない場合と比較すると、発症するリスクは月経過多症・鉄欠乏性貧血・骨盤内感染症で各50%、卵巣がん・予宮内膜がん(子宮体がんともいう)で各40%減少するという調査があります。

 また、乳房の良性腫瘍などの予防効果や、卵巣嚢腫、子宮筋腫などへの好影響もあるといわれています。

 「副効用」の中でも、私が最も関心を寄せているのが、卵巣がんに対するピルの予防効果です。定説ではありませんが、「卵巣の卵胞が発育する→卵胞が破裂する→卵子が飛び出る→卵胞が修復される」という排卵の繰り返しが卵巣に負担をかけることが、卵巣がんの発生原因の1つではないかといわれています。

 したがって、女性が子どもをたくさん産んでいた時代には、卵巣がんはさほど問題になりませんでした。妊娠中は排卵が起きないからです。出産後、積極的に授乳が行われていると、乳房を吸われる刺激で脳からプローフクチンというホルモンが分泌され、さらに長期間にわたって排卵が抑制されます。

 多産時代には、このような排卵のない時期が繰り返され、排卵が起こる回数は、人生の中でもかなり少なくなります。ところが少子化時代では、排卵は休む間もなく繰り返され、卵巣への負担は高まります。ピルを服用することは、多産時代に近い状態に戻すことになるのです。そして、卵巣に負担をかけない分、卵巣がんの予防にも効果があると考えられます。

 また、ピルに含まれる「エストロゲン」が骨粗転症の予防に大いに役立つのも事実です。それは、「エストロゲン」が腸からのカルシウムの吸収を助け、骨の形成に重要な働きをしているためです。

 今まで骨粗転症は、「エストロゲン」の分泌がなくなった閉経以降の女性の問題として考えられてきました。しかし、最近では、過度なダイエットの結果、ホルモンバランスが崩れ「エストロゲン」の分泌低下を起こすという例が、若い世代にも増えています。ピルは、彼女たちにとっては確実な避妊だけでなく、ホルモンを補充して骨粗転症予防にもなるのです。

 また、骨盤内感染症に対しても予防効果があると、注目されています。通常、月経中は感染が起きやすいのですが、ピルを服用すると出血量が劇的に減少するため感染しにくくなります。また、前述したようにピルは、子宮頚管粘液の量を減少させたり、性状を変化させることで、結果として病原体の骨盤内への進入をも阻止します。こうした理由から、骨盤内感染症が起こりにくくなるのです。ただし、性行為あるいは性行為に類似する行為によって感染する性感染症(例えばクラミジアや性器ヘルペスなど)を防ぐ効果はありません。


ヤスミン

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR




















Copyright ©  -- 避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング