忍者ブログ

避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン

低用量避妊薬であるヤスミンの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

なぜピルで避妊できるのか?

女性が妊娠中に、繰り返し妊娠することはありません。妊娠中には排卵が起こらないからです。この原理を利用して開発されたのがピルです。つまり、ピルは、血液のなかの女性ホルモンを妊婦のときと似たような状態にして、排卵を抑える薬なのです。

排卵や月経、妊婦などに関係する女性ホルモンの司令塔は、脳にあります。脳の視床下部からは、ゴナドトロピン放出ホルモンが分泌され、下垂体にはたらきかけます。下垂体からは、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンという、二種類の性腺刺激ホルモンが分泌されます。卵胞刺激ホルモンは、卵巣を刺激し、卵胞を成長させます。卵胞からは卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され、それが一定量まで増えると視床下部がそれをキャッチし、下垂体から排卵を起こす黄体化ホルモンが分泌されます。

卵巣のなかでは原始卵胞が成熟していきますが、排卵を起こす黄体化ホルモンのはたらきで卵胞が破れると、なかから成熟した卵子が飛び出します。これを排卵といいます。卵子が飛び出したあとの穴は、まわりから血液が入ってふさがり、このふさがった部位は、やがて黄色い内分泌組織(黄体)に変わります。

子宮そのものはホルモンは出しませんが、それまでのホルモンのはたらきで、子宮内膜(子宮の内側の壁)は妊娠した場合にそなえて少しずつ厚くなっていきます。排卵後の卵巣からは黄体ホルモン(プロゲステロン)とエストロゲンが分泌され、子宮内膜をさらにやわらかく厚くします。

卵胞から飛び出した卵子は、卵管采につかまえられ、卵管を通って子宮に運ばれます。卵子が卵管で精子と出会い(受精)、受精卵が子宮内膜に着床すれば妊娠が成立したことになります。ちなみに、卵子が受精できるのは、排卵から24時間、女性のからだのなかで精子が生きられるのは3日くらいです。

卵子が精子と出会わなければ、子宮内膜は血液といっしょにはがれ落ちて月経が起きます。そこで、また脳からの司令が繰り返されます。

このように、卵巣から分泌されたエストロゲンとプロゲステロンは、血液とともに視床下部や下垂体まで流れて行き、これらホルモンの血液中の濃度を知らせます。そして、その情報によって、脳の司令塔から出されるホルモンが逆に調節されるというしくみになっています。これを「フィードバック機構」といいます(なお卵巣の形態から、月経終了から排卵までを卵胞期、排卵後から月経開始までを黄体期といいます。また、卵巣ホルモンの影響を受けた子宮内膜が厚くなるのを増殖期、ふかふかにやわらかくなるのを分泌期といいます)。

ピルを飲むと、そこにふくまれるエストロゲンとプロゲストーゲン(化学合成された黄体ホルモンは、このように呼ばれます)が血液に入ります。そこで脳は、卵巣ホルモンがすでに十分出ていると「錯覚」し、卵巣を刺激する必要がないと思いこんでしまいます。その結果、卵胞も発育せず、排卵が抑制されるのです。

また、ピルによって体内に吸収されるホルモン量は、通常の月経周期に排卵から分泌されるホルモンよりはるかに少ないため、子宮内膜が厚くやわらかくなりません。そのため、万一、排卵があって受精しても受精卵の着床が抑制されます。さらにピルには、子宮頸管(子宮の入り口)から出る粘膜の質を変えて、精子を入りにくくするはたらきがあります。

以上をまとめると、ピルの避妊効果は主としてつぎの三つになります。

①排卵を抑える。これが一番重要なはたらきです。②子宮内膜が厚くならないので受精卵が着床しにくくなる。③子宮頸管の粘膜を変えて精子を入りにくくする。


ヤスミン

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR




















Copyright ©  -- 避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング