忍者ブログ

避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン

低用量避妊薬であるヤスミンの激安個人輸入代行販売購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング

正規品・満足度・配送 100%保証!人気商品激安!

ピルにはどんな副作用があるのか?

ピルの副作用は、これまで必要以上に強調されてきたため、副作用を心配する声はいまでも強くあります。たしかに、ピルは薬ですから、副作用はあります。大切なのは、むやみにこわがるのではなく、医師に相談し、どんな副作用があるかを正確に知ったうえで、ピルを飲むとか飲まないかを決めることです。厚生省はピル承認と同時に、ピルを飲む女性と医師に向けて、副作用などについての詳しい資料を作成しました。ピルを処方されるときは、おそらく医師からこのような説明書が手渡されるでしょう。

①一般的な副作用=むかつき、吐く、頭痛、乳房痛、だるさ、憂うつ感、むくみ、不正出血、体重増加、血圧上昇など。

副作用はもちろん個人差がありますが、むかつきや吐くなど、妊娠のときのつわりのような症状は、からだがピルに慣れてくると、一般にはしだいに減ることが多いようです。また、低用量ピルの場合は、ホルモン量が少なく子宮内膜に対する作用が弱いため、ピルを飲んでいるあいだに不正出血が起こる場合があります。これも、一般には2~3ヶ月をすぎると、ほとんどなくなるといわれます。

体重増加を気にする女性は多いようですが、日本でおこなわれた臨床試験によると、約2年間で0.4~1.8キログラム程度の体重増加だったと報告されています。

②重い副作用=血栓症(血管がつまる)、心筋梗塞や脳卒中などの心血管・脳血管障害など。

血栓症は、ピルのもっとも重い副作用として早くから関心をもたれてきました。とくに血流のゆるい静脈で起こりやすい症状です。日本人は欧米人に比べ血栓症のリスクが低いといわれますが、肺などに血栓症が起きると致命的になる場合があり、注意が必要です。ただ、妊娠中の血栓症の発症率が女性1万人につき年6人と高いのに比べ、ピルを飲んでいる場合は年1.5人と低いことが世界的にも知られています。これらのリスクを比較検討して、ピルを飲むか否かを決めることが大切です。

③ピルと発がん性の関係

ピルと発がん性の関係を考えるとき、重要な鍵をにぎるのはエストロゲンです。一方、プロゲストーゲンにはその発がん性を抑制するはたらきがあります。ピルに卵巣がんや子宮内膜がんの予防効果があるといわれるのは、そのためです。

25カ国で実施された欧米の共同研究グループの分析によると、ピルを飲んだことのある人の乳がんの発症率は、飲んだことのない人の1.24倍あるといわれます。10万人あたりの発症率は42.2人です。また、若年者では、そのリスクが高くなるという海外の報告があり、とくに長期間の使用は注意を要するといわれます。

子宮頸がんは、性感染症の病原体の1つであるヒトパピロウイルスが主な原因と考えられています。海外では、ピル使用者に子宮頸がんが発生しやすいとの報告がなされていますが、因果関係は、まだはっきりしていません。1つの推測としてピルそのものの影響というより、コンドームを使わないために性感染症を引き受ける危険が高くなるからではないか、との見方もあります。

乳がんと子宮頸がんの発生には、さまざまな因子が関係しており、なお、世界的に調査研究が続けられています。

④良性肝腫瘍

ピルを長期間飲んでいると、肝臓にできる良性の腫瘍の発症率が高くなるといわれます。10万人あたり3.4人の発症率です。


ヤスミン

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR




















Copyright ©  -- 避妊薬通販 | 低容量ピル | ヤスミン --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング